今日中に5万必要

今日中に5万必要!今すぐ5万円を借りるならこのふたつのカードローン

今日中に5万必要,今日中,5万,必要,5万円借りる

今日中に5万必要!?
思いもよらないトラブルで急にお金が必要になるってことありませんか?

 

親や知人に借りることもできますが、いろいろ面倒なことになりそう・・・(-_-;)

 

それなら一般の金融機関でお金を借りた方が、気兼ねなく借りれていいですよね。


 

今すぐ5万円を借りるならこのふたつのカードローンのうちのどちらかを選びましょう。

プロミスSMBCモビット

 

プロミスもSMBCモビットもSMBCグループの消費者金融カードローンです。

 

 

消費者金融でお金を借りるのはちょっと不安かも?


って方もいるかと思います。

 

消費者金融でお金を借りるのが不安だというのは、消費者金融に対する誤解が原因です。
なぜそのような誤解が生まれたのか?がわかれば、消費者金融でお金を借りることに対する抵抗がなくなりますよね。

 

このページでは、お金を借りるのが初めてで不安に思っている方に向けて、

  • 今日中に5万必要って時には消費者金融カードローンじゃなきゃいけない理由
  • 消費者金融に対する悪いイメージはどうして生まれたのか?

を解説します。

 

最後まで読むと、消費者金融に対する不安がスッキリ解消して、

 

安心してカードローンの手続きができます。


 

 

今すぐ5万円を借りるならこのふたつのカードローン

まずは、今日中に5万円借りるのに選ぶべきカードローンをふたつご紹介します。

 

ここでご紹介するカードローンに共通するポイントは、おもに以下の5つです。

  1. 最短30分で審査完了
  2. 即日融資に対応 ※1
  3. 担保や保証人がいらない
  4. 必要な書類は免許証だけ ※2
  5. SMBCグループ

どちらも年齢が20歳以上69歳以下で、安定した収入があれば、誰でも申し込みできます。

 

主婦や学生でも、パートやアルバイトなど定期的な収入があればOKです。


 

プロミス

プロミス

金利 4.5%〜17.8%
限度額 500万円
登録番号 関東財務局長 (13) 00615

プロミスではじめて契約する人は、実際に借入れを開始した翌日から30日間は無利息でお金を借りれます。 ※3

\利息0円サービスあり/

プロミス

 

SMBCモビット

SMBCモビット

金利 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
登録番号 関東財務局長 (7) 01239

WEB完結ならお勤め先確認の際に電話連絡がありません。
会社に電話をされると困るという人にはありがたいサービスです。

\バレずに借りるなら/

SMBCモビット

 

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2 借入希望額が50万円以下の場合、借入希望額と他社借入額の合計が100万円以下の場合は、収入証明書の提出は不要です。免許証がない方は、パスポートか健康保険証でもOK。収入証明を提出していただく場合もあります。
※3 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

今日中に5万必要って時には消費者金融カードローンじゃなきゃいけない理由

お金を借りるのがはじめての方は、

 

消費者金融カードローンよりも銀行カードローンの方がいいんじゃない?


とか思われるかも知れません。

 

しかし、今日中に5万必要って時には消費者金融カードローンじゃなきゃダメなのです。

 

いろんなカードローンがあるなかで、

 

どうして消費者金融カードローンじゃなきゃダメなの?


かを解説します。

 

あなたは担保や保証人を準備できますか?

普通お金を借りる時には、担保や保証人が必要です。

担保・連帯保証人

しかし、担保となるような土地や建物を持っていたり、すぐに連帯保証人を頼んだりできる人は稀です。

 

担保はありますか?
連帯保証人は用意できますか?


そういった面倒なことを取っ払って、より簡単に便利にお金を借りられるようにしたのが、カードローンです。

 

担保や保証人が無い代わりに、金利が高いというデメリットがあります。
金利が高いのは、貸し倒れのリスクが金利に上乗せされるためで、仕方ありません。

 

担保や保証人が無いと、それらを査定する手間がいらないので、その分審査が早いというメリットもあります。

 

そもそもカードローン以外に担保や保証人なしで今日中に5万円を借りれるところはありません。


 

銀行カードローンは審査に時間がかかる

カードローンは、銀行と消費者金融だけでなく、ネット銀行や信用金庫、信販会社などでも扱われています。

 

銀行カードローンも以前は即日融資が可能でした。
しかし、2018年1月以降、審査の際に警察庁の暴力団情報データベースへの照会が義務付けられました。

 

警察庁データベース照会の結果が出るのに少なくとも2営業日かかり、審査に時間を要するため、銀行カードローンは即日融資ができません。

 

今現在、新規で申し込んで今日中に5万円借りれるのは、大手の消費者金融カードローンだけです。


 

クレジットカードのキャッシングは今日中に5万必要って時に役に立たない

カードローンとよく比較されるのがクレジットカードでのキャッシングです。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードの利用限度額には、ショッピング枠とは別にキャッシング枠というのがあって、その枠内でカードローンと同じようにお金を借りることができます。
金利は、だいたいカードローンの上限金利と同じ18%で、リボ払いで返済します。

 

もし、クレジットカードをお持ちでキャッシング枠が設定済なら、今すぐに5万円を借りることができます。

 

銀行のATMにお持ちのクレジットカードを入れると、すぐに現金を引出せて便利です。


 

ただし、プロミスの初回30日間無利息サービスを利用すれば、利息がかからないので、カードローンを利用した方がお得です。

 

新規でクレジットカードを発行したり、キャッシング枠を設定するには、審査に時間がかかります。
今現在クレジットカードを持っていなかったり、キャッシング枠の設定がない場合は、今日中に5万必要って時に役に立ちません。

 

消費者金融に対する悪いイメージはどうして生まれたのか?

サラ金地獄

かつて消費者金融は、サラリーマン金融「サラ金」と呼ばれていました。

 

当時の上限金利は、2000年に出資法が改正されるまでは、なんと40.004%。
2000年以降も、29.2%と、現在の上限金利20%に比べると超高金利でした。

 

借金の取り立ても厳しく、暴力を振るうなど、迷惑行為も行われていました。
そのため借金を苦に自殺する人が増え社会問題化し、「サラ金地獄」という言葉も生まれました。

 

もちろんそのような状況は、過去のものです。
今そんな行為が行われようものなら、大問題です。

 

でも、未だに当時の悪いイメージが引きずられ、消費者金融に対するイメージは悪いままなのです。

 

古いドラマや映画の影響

古いドラマや映画には、主人公が借金に追われて貧しい生活を送る場面がたくさん登場します。
強面の悪役俳優によって演じられる借金取りが押しかけてきて、複数人で殴る蹴るの暴行を加えます。

 

現代劇のみならず、時代劇にも同じようなシーンが多々あります。
そのため、誰もが借金といえば厳しい取り立てのシーンを思い浮かべるようになってしまいました。

 

「借金=恐い」「借金=悪」というようなイメージが定着してしまったのです。

 

闇金融(ヤミ金)

貸金業法に則ってまじめに運営している消費者金融が、業界のイメージアップを図るため躍起になっている一方で、貸金業法を無視して、違法な金利を取る無登録の業者、いわゆる闇金融(ヤミ金)が業界のイメージを悪くしています。

 

闇金業者は、未だに「トイチ」(10日で1割)の利子を取ったり、暴力的な取り立てを行ったりしています。
ソフト闇金とか、SNSによる個人間融資とか、呼び名はいろいろ変わっても、すべて違法は違法です。

 

そもそも貸金業は登録制で、内閣総理大臣か都道府県知事の許可がないと営業できないのです。
そんな違法な闇金と、きちんと登録して営業している消費者金融は、まったくの別物です。

 

しかし、一般の人はそんなこと知らないので、お金を貸すサービスを行っている会社すべてを一括りにして、消費者金融と闇金も同じようなものだと誤解している人が多いです。

 

まとめ

このページでは、お金を借りるのが初めてで不安に思っている方に向けて、

  • 今日中に5万必要って時には消費者金融カードローンじゃなきゃいけない理由
  • 消費者金融に対する悪いイメージはどうして生まれたのか?

を解説しました。

 

 

お金を借りることに対する不安は解消していただけたでしょうか?


 

消費者金融は、貸金業法という法律に則ってきちんと営業されていて、よく混同されるような闇金とは別物です。
恐いことはまったくありません。

 

今日中に5万必要なら、早く手続きするに越したことはありません。

  • 30日間無利息がいいならプロミス。
  • 会社にバレるのが嫌ならSMBCモビット。

今すぐどちらかを選んで申込み手続きをはじめてください。

 

プロミスSMBCモビット

 

 


トップへ戻る